スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界の言語入門演習」はじめに(仮)

黒田龍之助は日本三大りゅうのすけの1人だと思っている。

個人的な理由からスペイン語を独学しているが、おれがスペイン語にどっぷり浸かるきっかけを与えてくれた人物は、18年前、大学での2外にフランス語を選ぶきっかけを与えてくれた人でもある。この人がいなければ今のおれは間違いなく存在し得ない。

ぼんくら学生を絵に描いたような大学生活だったが1年次のある時期から突如フランス語を猛(とまで言えるかどうかは怪しいが)勉強しだした事がある。英語でもそうだがおれは「○和辞典が1冊だけ」というのがどうにも気持ち悪く、このときも仏和辞典を数冊買揃えた(その割に和仏は1冊しかない)。

で、本屋の語学書コーナーへ行く訳だが、そこにずらっと並んでるのはマイナー言語の入門書。当時は本にCDなんか付いてないからエクスプレスもテープ別売だったような気が。それ以前にエクスプレスは新顔だったのか申し訳程度に置かれていた印象。やはり幅を利かせていたのは大学書林。

ここで浮気の虫が騒ぐ。いま思えば確かにアジアが多かった大学書林本を少しずつ買揃える(このときなぜかエクスプレスには手が伸びなかった。白水社さんごめんなさい。いまニューエク買揃えてるから許して)。大学書林デビュー。因みに、20冊以上揃えればあなたも立派なダイガクショリナーです。

2年のとき城生佰太郎先生の講義にもぐった事がある。内容は「アルタイ言語学入門」。1回だけの講義だったが、ああ言語学ってすげえ面白いもんなんだな、と本気で思った。人文に転学してでも言語学をやろうとまで思わなかったのは、当時すでに歴史・比較言語学は下火だった(ように思えた)から。

フランス語の研究者、ドイツ語の研究者、中国語の研究者、・・・はいても「X語とY語とZ語とW語の研究者」はいないのか。つまんね。社会言語学? キョウミネ(その割にこんな本は興味深く読んでるとか)。そう思うと自然に原子炉が運転を停止する。

原子炉が突如運転を再開するきっかけになったのがこの本。「ああ、やっぱこういう人いたんだ!」。おととし書店で初めてこの著者の事を知ったときの感想。それまで、NHKロシア語講座を担当していた事すら知らなかった。そこからはもう止らない。

あれ以来、書店に行けば語学書のコーナーばっかり覘いている気がする。大学にいた頃と決定的に違うのは、いまはたいていの語学書にCDが付いている(ないのもあるけど)点。「聴く」という側面ではずいぶん進歩したと思う。いまふっと思ったが語学書って電子書籍化に一番都合のいいジャンルでは?

前にも1度つぶやいたが「世界の言語入門演習」というのをもくろんでいる。
スポンサーサイト
Twitter
プロフィール

イプール

Author:イプール
以下Twitterより引用:
大まかな年齢は金城武と松嶋菜々子の間くらい。サイレントヒル県内でほぼ毎日塾講師、ときどきベーシスト。ツイートの殆どが意味不明でも許してください。大喜利はイプール @ypool_ogiri がやってくれます。グルジア文字と言わず非ラテン文字は何か好き。あとは地味に数学とスペイン語やってます。フォロー・リムーブはご随意に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。