スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回(2010)イプール音楽賞

イプール音楽賞は「その年にイプールが最もハマッた楽曲またはアルバム」に対して送られます。
それでは早速過去の受賞歴を振り返ってみましょう。

第1回(2001) 桑田佳祐「波乗りジョニー」 楽曲
第2回(2002) Steve Reich Triple Quartet アルバム
第3回(2003) モーニング娘。「Never Forget(Rock ver.)」 楽曲
第4回(2004) Jaco Pastorius PUNK JAZZ: The Jaco Pastorius Anthology アルバム
第5回(2005) サザンオールスターズ「キラーストリート」 アルバム
第6回(2006) KT Tunstall Suddenly I see 楽曲
第7回(2007) ※諸般の事情により非公表 楽曲
第8回(2008) アンジェラ・アキ「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」 楽曲
第9回(2009) 決定盤!!「JAZZ クラシックス」ベスト アルバム

流石はイプール音楽賞、10年やってんのに相変らず守備範囲が狭いですね。

さあ、第10回イプール音楽賞の審査結果がまとまったようです。
2010年 第10回イプール音楽賞は

Camarón de la Isla Como el Agua


に決定いたしました!

今年は個人的にフラメンコにかかわった年で、去年までに増してパコやらジプキンをよく聴いた年だった。
そん中の曲の1つがこれ。ベースはカルレス・ベナベン。
相当難しいけど、それでもベナベンのベースの中では比較的やさしいほうだと思う。
ちゃんとコピーして、弾けるようになりたいけどね。

都合のいいところだけ読ませる技術

20100816_1.gif

会いたくて会いたくて震えるのが西野カナ

会えないから会いたいのが沢田知可子

会いたくて会えないから私だけを見てほしいのが加藤ミリヤ

会いたくて会えなくて長すぎる夜に光を探してるのがGLAY

会いたいから会えない夜にはあなたを思うほど Uh UhするのもGLAY

会いたくて会えなくて揺れまどうけれど目覚めた翼は消せないのがラルク

会いたくて会えなくて唇噛み締めるのがEXILE

会いたくて会いたくて涙が止まらない夜なのが岡本真夜

会いたくて会いたくて素直な自分でいつもいられないのがLINDBERG

会いたくて会いたくて眠れぬ夜にあなたのぬくもりを思い出すのが松田聖子

会いたくて会いたくて言葉にできないのが小田和正

別に会う必要なんてないのが宇多田


だけどそれじゃ苦しいのも宇多田。

第9回(2009)イプール音楽賞

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当加瀬です。 今日のテーマは、「ベスト・オブ・ミュージック2009!」です。 2010年まであと数日…。皆さんにとって色んな事があった一年だったと思います。2000年が到来した時からもう10年も経つのかと思うと、時が経つのは本当に早いと思わざるを得ないですねそれでも音楽は�...
トラックバックテーマ 第877回「ベスト・オブ・ミュージック2009!」


Wikipedia

イプール音楽賞は「その年にイプールが最もハマッた楽曲またはアルバム」に対して送られます。
それでは早速過去の受賞歴を振り返ってみましょう。

第1回(2001) 桑田佳祐「波乗りジョニー」 楽曲
第2回(2002) Steve Reich Triple Quartet アルバム
第3回(2003) モーニング娘。「Never Forget(Rock ver.)」 楽曲
第4回(2004) Jaco Pastorius PUNK JAZZ: The Jaco Pastorius Anthology アルバム
第5回(2005) サザンオールスターズ「キラーストリート」 アルバム
第6回(2006) KT Tunstall Suddenly I see 楽曲
第7回(2007) ※諸般の事情により非公表 楽曲
第8回(2008) アンジェラ・アキ「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」 楽曲

流石はイプール音楽賞、相変らず守備範囲が狭いですね。

さあ、第9回イプール音楽賞の審査結果がまとまったようです。
2009年 第9回イプール音楽賞は

決定盤!!「JAZZ クラシックス」ベスト

に決定いたしました!

齢のせいか(そうは思いたくないのだが)新譜を追いかけるのが面倒になってきた。
テレビも観ないので今どんな楽曲が流行っているのかは生徒の世間話から推測するしかない。
もっとも、うちには中学生より大きいのは来ないので音楽の話題といっても専らJ-POPだが。
(厨房に洋楽の薀蓄垂れられてもなあ・・・。消防の癖にブルースがどうのこうのいう奴よりましか)

それでもたまにはCD屋に立寄る。
寄れば必ずチェックしているのが「ワールドミュージック」とか「何とかかんとか大全集」とか、割と端っこにおいてあるオムニバスの多いコーナー。

で、今年ハマッたのがこれ。

ポニキャとキングレコードはネ申です(似たようなのはビクターにもユニバーサルにもあるけどね)。

勝手にベースのトップ10発表

10mai31533.jpg
そう言えばこんな記事も芸スポ+にスレが建ってたっけ。
この手のものを見ていつも思うんだが、これのベース版ってないよな。
だから自分でやろうとしてみたんだが、ベースの場合リフに限っても意味がないので「ベースライン」ベスト10にしてみた。
まあおれが過去に「このベースすげええ」と思ってたのから選んでたら「凄ェ!」と言うより「一生コピーできそうにない」ものが殆どになっちゃった。
この順位もあんま関係ない。

01. Cream Crossroads (b): Jack Bruce
よく聴いてた曲だけど、これ実はコピーしてないんだよな・・・。
クラプトンのギターパートをベースで弾くほうが面白いかも。

02. Graham Central Station Pow (b): Larry Graham

これもなあ・・・。しかもばちばちやりながら歌うってのも。

03. Brand X Malaga Virgen (b): Percy Jones
これはコピーはおろか、いまだに聴きとる事すらできない。
初めて聴いてからもう10年以上経つのに。

04. King Crimson Providence (b): John Wetton
「こんなのコピーすんなw」とか言われそうだが。

05. Jaco Pastorius Opus Pocus
ジャコのベースで凄くないのを探すほうが難しい。
今好きな曲を選んでみた。

06. Ahmad Jamal Yellow Fellow (b): James Cammack
「凄ェ!」と言うより「カコイイ」ピアノトリオのベースを選んでみた。
それよりよくこんなのがニコニコにあるな。

07. Paco de Lucía Monasterio de Sal (b): Carles Benavent

よく考えたら、ピックで弾くのも苦手だったりする。
それよりよくこんな映像があったな。

08. Fishbone Bonin' in the Boneyard (b): John Norwood Fisher

スラップするのにベースの位置がこんなに低い人を他に見た事がない。

09. Primus Tommy the Cat (b): Les Claypool

まあ、この人の曲はこんなのばっかり。
これとかもそうだけど、大概の曲はコピーしようって気が起きません。
とか言いながら3曲程人前で演奏した事があるが。

10. Led Zeppelin The Lemon Song (b): John Paul Jones
さんざ人前で演奏した曲なのに、ちゃんとコピーできてない事に最近やっと気づいた。
もう遅い。たぶん直らないと思う。



まったく関係ないが昨日はお圭さんの誕生日だった。
29歳! アラサー! とか言っててもやっぱかわええのう。

かわええと言えばおれが驚いたのがこの人
画像は著作権で保護されている場合があります

よ、40?
見えねえええええええええええええええ!!!!!

圭ちゃんより若いかも。

何それ



こう見えて(どう見えてんだ)音楽系のスレや板が苦手だ。
とか言いながらさっきまでこんなスレにいた訳だが。

このスレは結構マターリだが、大抵の洋楽スレは「洋楽厨」「邦楽厨」とかの罵り合いになる。
罵り合い自体は今更別にどうも思わない。
不思議で仕方ないのは「何で洋楽を[J-POPを]よく知らない奴が洋楽を[J-POPを]馬鹿にできるのか」という事。

おれも地球上のすべての音楽を知っている訳じゃないし、昔は「うちこみ」っていうのが大嫌いだったので偉そうな事は言えない。
だがもっと多くのタイプの音楽が話題に登ったほうがおれとしては楽しい。

例えばの話。
日本初のヘヴィメタル専門バラエティ「ヘビメタさん」のスレがテレ東実況に建った時に(もう4年も前だ)、

 ウェザーリポート専門バラエティ「ヘビウェザさん」も放送してくれ。

というベタなレスを落っことしたとする。
「つまんね」とか言われりゃまだましで、まるっきり頓珍漢なレス(しかもどう読んでもボケと思えない)しか返ってこなかったりする。
まあそういう事。メタラーの皆さんはウェザー・リポートなどお聴きになりません。

ついでに言うとキース・バイオレットのなりきりスレで

 182 名前:イプール ◆YPOOL0Y2 投稿日:02/07/25 22:43
 ゲイリー・ピーコックとジャック・デジョネットの
 「ここが気に入らない!」というところを教えてください。

というレスを付けて「キース・ジャレットちゃうわー!」というツッコミを期待しても無駄です。

ロックよりジャスやフュージョンのほうが高尚だと言いたいのではない(そういうのは「ロック厨」と「ジャズ厨」に任せる。ってかおれも碌にジャズを知らない)。
「ロック以外も聴くよね? え、聴かないの?」というのが何だか物足りないだけ。
「ネ申ドラマーとは?」――ボンゾ! コージーパウエル! ラーズ! とかやってる時に「YOSHIKI」には物凄い勢いで喰いつくのに「レニー・ホワイト」「ピーター・アースキン」は華麗にスルー、というのがつまんないだけ。
いや、だからロックよりジャスやフュ(略)。

最初に何書こうとしてたか忘れちまったwww
まあいいや、寝る。
Twitter
プロフィール

イプール

Author:イプール
以下Twitterより引用:
大まかな年齢は金城武と松嶋菜々子の間くらい。サイレントヒル県内でほぼ毎日塾講師、ときどきベーシスト。ツイートの殆どが意味不明でも許してください。大喜利はイプール @ypool_ogiri がやってくれます。グルジア文字と言わず非ラテン文字は何か好き。あとは地味に数学とスペイン語やってます。フォロー・リムーブはご随意に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。